新生堂の現金化サービスは鹿児島でも利用されている?その理由は?

新生堂のTOP

 

クレジットカード現金化業者の新生堂は全国対応の現金化業者になっていますが、このクレジットカード現金化業者は鹿児島県でも利用されている業者という事を耳にしました。

 

そんなクレジットカード現金化業者、新生堂のサービス詳細を調査してどのようなサービスを提供されているのか?という情報を調査させていただきたいと思います。
まずはこのクレジットカード現金化業者、新生堂の詳細から確認していってみましょう。

 

新生堂の詳細情報を調査

 

クレジットカード現金化業者の新生堂はどのようなサービスを提供する業者なのでしょうか?
新生堂の特徴は、最低換金率というサービスです。

 

この最低換金率に引かれて新生堂でクレジットカード現金化をおこなっている方は多いでしょう。

 

では、この最低換金率は何%なのでしょうか?

 

新生堂の最低換金率

 

新生堂の最低換金率は87%です。
クレジットカード現金化業界で最低換金率で現金化を行ってくれる業者は、新生堂以外に見かける事はありません。

 

つまり新生堂は、自社ならではの特化したサービスをおこなっているという事になります。

 

そんな新生堂ですが、この最低換金率には条件があるという事をご存知でしたでしょうか?

 

新生堂の最低換金率は20万円以上から

 

新生堂の特化したサービス最低換金率ですが、この最低換金率でクレジットカード現金化を行うには20万円以上の現金化を行わなければいけません。
つまり20万円から最低換金率が適用されるという事になります。

 

その為、20万円以下の現金化には最低換金率の87%以下の換金率が適用されるという事なのですが、今回はその換金率に目を付けていきましょう。

 

20万円以下の場合の換金率

 

新生堂の換金率が20万円以下の場合、換金率は最低換金率よりも当然下がってしまう事になります。
では、新生堂の換金率はどのくらいまで下がってしまうのでしょうか?

 

ここでクレジットカード現金化業界の換金率をご説明させていただきます。
業界には換金率の平均相場のようなものがあり、それに準じた率でクレジットカード現金化を行う業者が多いです。

 

平均の換金率は75%前後と言われていますが、実際のところこの75%に届く事は少なく、基本的には70%前後をウロウロしている事が多いのです。

 

その為、換金率75%が適用されればその時点で高換金率と言われています。
なので新生堂の最低換金率は現金化を利用する方にとっては充分すぎるほどという事なのです。

 

では新生堂で20万円以下の現金化を行った場合、換金率は75%を超えるのでしょうか?
独自の情報網から、新生堂の換金率を調査してみました。

 

新生堂の換金率事情

 

クレジットカード現金化業者、新生堂の換金率を調査してみたところ換金率は76%〜78%という結果になりました。
20万円以下でこの換金率は相当高換金率なのですが、クレジットカード現金化をりようした事がない方には伝わりにくいかと思いますのでその内訳をご説明させていただきます。

 

換金率が下がる理由 | 手数料・消費税

 

クレジットカード現金化業者であれば100%必ず換金率が下がるといわれています。
その理由が、手数料と換金率の問題です。

 

現金化業者は貸金業ではありません。
商品を購入・または販売を行い現金を利用者に提供するためどうしても消費税が掛かってしまうのです。

 

更に振込み手数料や商品の送料など、現金化業者によってかかる手数料の料金は変わりますがいくらかの金額が必要になってきてしまいます。
その為、クレジットカード現金化業者を利用した時に換金率が下がるという現象が起こってしまうのです。

 

当然、最低換金率の87%からも換金率は下がります
調査を行った結果では、20万円以上で80%前後という結果が出ていました。

 

新生堂の換金率は利用金額によって変化しますが、20万円以上も20万円以下もクレジットカード現金化業界では平均以上の換金率であるという事が今回の結果で定かになりました。

 

新生堂の現金化サービスは安心して利用できる

 

以上が現金化業者、新生堂の現金化サービスの詳細です。
どちらも換金率は現金化業界の平均以上という結果になりました。

 

つまり20万円以上の現金化を利用しようが、20万円以下の現金化を利用しようが、換金率的には得をするという事が言える訳です。
もし20万円以上か20万円以下かで悩む際には少しでも換金率の高い20万円以上の現金化を利用した方がいいかもしれませんね。

 

新生堂

最新更新日2017/8/22