クレジットカード現金化の方法の基礎を学ぶ

クレジットカード現金化の方法の基礎を学ぶ

 

クレジットカード現金化の基礎情報商品買取り方式キャッシュバック方式についてご説明させていただきます。

 

そもそもクレジットカードの現金化とは、クレジットカードで利用者に商品を買って貰うまたは売ってもらう事で利用者に現金を提供するサービスとなります。
このサービスは資金調達方法としては有名になりつつあるのですが、問題はその方法が知らない人からすれば複雑であるという事がネックになっているのです。

 

ではこの現金化はどのように利用する事が出来るサービスなのでしょうか?
今からその手順をご説明させていただきます。

 

キャッシュバック方式

  1. 現金化業者へ申し込みをする
  2. 本人確認・個人情報の登録をする
  3. クレジットカードで商品を購入する
  4. 現金が振り込まれる
  5. 後日商品が送られてくる

簡単な方法、手順としては以上のようになります。
ではここから少し掘り下げてご説明させていただきます。

 

現金化業者へ申し込みをする

現金化業者へ申し込みをする

 

まずは申し込みを行います。
これは現金化業者の公式サイトへ行き、電話もしくは申し込みフォームを利用して現金化を行うのです。

 

ここでポイントをお教えしますと、電話でも申し込みは可能ですがサイトにある、申し込みフォームを利用して申し込みを行う事をオススメいたします。

 

理由は、申し込みを行う際には

  • 名前
  • 住所
  • 電話番号
  • etc

などの情報を現金化業者に送らなければいけません。
電話での申し込みならばメールで送ってくれ、と電話からメールに誘導されてしまいます。

 

つまり、申し込みフォームから予め個人情報を送るか、電話の後現金化業者から送られてくるメールに送ってくれます。
そちらの情報を記載して申し込み完了になります。

 

その為、申し込みフォームで個人情報を伝えるか、返信のメールで個人情報をお送り伝えるかの些細な問題なのです。
だとしたら、最初から個人情報を送っていた方が簡単に次の段階に進む事が出来るのです。

 

本人確認・個人情報の登録をする

本人確認・個人情報の登録をする

 

申し込みが完了したら次は本人確認と個人情報の登録になります。

 

必要な物は

  • 免許証などの国が発行している身分証
  • 身分証を持った自撮り写真
  • クレジットカードの情報

の2つになります。

 

ここで現金化というサービスを行うほとんどの方が申し込みをキャンセルしてしまいます。
その理由は当然、クレジットカードの情報を提供しなければいけないからです。

 

クレジットカードの情報を第3者に提供するのは誰でも不安になるものですよね。
しかし、よく考えて見ると大手のネットショッピングなどでもクレジットカードの情報を提供していますよね?

 

この現金化というサービスもクレジットカードで商品を購入する上で必要な情報なのです。
提供する事に不安を抱くのは渡す相手が『現金化業者』だからなのではないでしょうか?

 

現金化業者の中には確かに個人情報を悪用する業者も存在します。
しかし、最近ではネットで口コミや評判が簡単に出来るようになったため、悪質なサービスを行う業者は着々と居なくなって気ています。

 

今現在では、個人情報の悪用を考えている現金化業者はごく一部の業者になっているので個人情報が悪用されるリスクも低くなっているのです。

 

大手ネットショッピングなどでも、ハッキングにより顧客情報が盗まれてしまう危険性がありますよね?
そう考えると、

  • 悪用する事がハッキリ解っている人に情報を取られる危険性
  • 現金化業者にクレジットカードの情報を渡す危険性

はそこまで変わらないとは思いませんか?

 

クレジットカードで商品を購入する

クレジットカードで商品を購入する

 

キャッシュバック方式では以上までが利用者の行う手順となっています。
ここからは現金化業者が全て手続きを行ってくれるので、入金を待つだけになります。
購入した商品は後日利用者の自宅、もしくは指定の郵便局かコンビニへ郵送されますので、そちらを受け取って現金化が終了になります。

 

商品買取り方式

  1. 現金化業者へ申し込みをする
  2. 本人確認・個人情報の登録をする
  3. 業者と換金率などの相談をする
  4. 業者にしてされた商品をクレジットカードで購入する
  5. 購入した商品を現金化業者へもって行く・または送る
  6. 商品を予め相談した換金率で買い取ってもらう
  7. 現金を手にする

商品買取り方式は手順がキャッシュバック方式と途中まで同じ現金化業者になります。

 

基本的に商品買取り方式は、店舗型の現金化業者が多いようです。

 

キャッシュバック方式と違う部分は、

  • 現金化業者にクレジットカードの情報を渡さなくてもいい
  • 商品を自分で購入しに行かなければならない
  • 店舗に来店しなければいけない

という違いになります。

 

利点としてはクレジットカードの情報を現金化業者に提出しなくてもいいという事です。
これはクレジットカードの現金化を行う方には安心できる1つのポイントと言えますね。

 

その他の手順もキャッシュバック方式と同じような手順になります。

 

ネット型の現金化業者はキャッシュバック方式がほとんど

ネット型の現金化業者はキャッシュバック方式がほとんど

 

現在ではネット型の現金化業者がほとんどでその現金化方式はキャッシュバック式の現金化業者がほとんどになります。
このネット型の現金化業者の特徴は入金までの時間がそこまで掛からないという事です。

 

店舗型の現金化業者よりも入金時間が短いという事ですね。
更に、全国どこでも現金化を行う事ができるので、利便性も高く多くの現金化利用者に利用されている業者でもあります。

 

その為、現金化方法は2種程ありますが、基本的にはクレジットカード現金化はキャッシュバック方式が採用されていると思ったほうがいいでしょう。
以上がクレジットカード現金化の方法・手順についての説明になります。

 

他にも、現金化に関した悩みがある方は当サイトのTOPページで優良の現金化比較サイトをご紹介しておりますので、こちらを参考にしていただければ幸いです。

 

優良業者ランキングはこちら

最新更新日2017/8/22